[an error occurred while processing this directive]
Topパソコンの部屋 ≫ GA-7VTXH+にBarton/Thortonコア

GA-7VTXH+ に Barton/Thorton コア

ギガバイト製 GA-7VTXH+ は、Socket A、FSB100/133MHz 仕様のマザーボードです。  対応 CPU は Thoroughbred までだったのですが、後に AMD から仕様上は動作可能と思われる Applebred、Thorton が販売されるようになりました。

ギガバイトの CPU 対応表が更新されないため、これら新コアの対応についてサポートに質問してみたところ、「GA-7VTXH+ はこれらの新しいコアには非対応」ということでした。
(Barton については FSB が 166MHz であるため非対応)

Applebred は Thoroughbred の、Thorton は Barton のキャッシュを一部無効にしたものと言われています。 そこで、「Thorton はたぶん動くだろう」→「Thorton が動くなら Barton も動くだろう」という安直な考えの下、この GA-7VTXH+ に 非対応コアの Barton を載せてみました。
ハードウェア
マザーボード GIGABYTE GA-7VTXH+
Rev. 1.0
BIOS Ver. F6a
CPU AMD Athlon XP 2500+ (Barton)
36週
Barton
Barton 2500+
GA-7VTXH+ の倍率設定は、手動では5〜12.5倍までしか設定できません。 このまま Barton 2500+ を載せると自動認識では1466MHz、手動設定でも1666MHzでしか動作せず、本来の1833MHz動作にはおよびません。

そこで、Fab51 で紹介されている倍率設定回路を取りつけることにしました。 これを付けたことで GA-7VTXH+ でも倍率を自由に設定できるようになりました。
(実際に必要な回路は12.5倍以下/13倍以上の切り替え回路だけで、ここに載せているように5つも必要というわけではありません。)

注意:2003年の40週前後から Barton 2500+ は倍率が変えられなくなっています。(→ 倍率可変化法
倍率設定回路
倍率設定回路
実際に動作させた結果は次のようになりました。
自動設定 x11 XP 1700+ 1466MHz
手動設定 x13.5 XP 2200+ 1800MHz
本来の動作(参考) XP 2500+ 1833MHz
手動設定 x14 XP 2200+ 1866MHz
手動設定 x15 XP 2400+ 2000MHz
手動設定 x16 XP 2600+ 2133MHz
手動設定 x16.5 Unknown 2200MHz
Barton 2500+ は Unknown AMD Athlon と表示されますが、正常に動作するようです。
XP 2200+ は 13.5倍なのですが、14倍動作のときも XP 2200+ と表示されます。

現在は14倍で常用していますが、現在は倍率の変更が出来なくなっている事もあり、コストパフォーマンスやリスクを考えると Barton を載せるより、Thorton を選択したほうがよいように思います。 もちろん動作保証外ですが。
起動画面
起動画面
追記 (2004/9/3)

倍率の変更が出来ない Athlon で、倍率を可変にする方法があることがわかりました。
動作中にソフトウェアで倍率を変更でき、GA-7VTXH+ でも可能ということです。 詳細は Fab51 に詳しく出ています。

ソフトウェアによる倍率変更の場合、倍率設定回路が必要ないのでより簡単と思われます。
追記 (2004/11/14)

ギガバイトの CPU 対応表が更新されていました。 いつ更新されたのかはわかりませんが、Duron 1.8GHz (Applebred) まで対応になっています。 BIOS は更新されていませんので元々対応可能だったものと思われます。



Back


20 Nov 2003
Last Modified: 15 Apr 2007